top of page
  • Luna

誰も傷つけないセックス

内容注意:性被害について書かれています。


愛し合っていたから自然と一つになれるものだと思っていた。

どうして、こんなことになってしまったのだろう…

 

ベットの上で咲いていた蘭は

呼吸を止めた


それは一瞬の出来事で

あなたは気がつかなかった


あなたの体温は上がり

私にお水をあげているつもりが

実はお湯をかけていた


しおれ始めた蘭は

声をあげる余裕もなく


静かに

あなたを細い目で見つめた

 

大学二年生のある夜、当時付き合っていたパートナーとロマンチックな雰囲気になり、私たちはセックスをしました。でもまさか首を絞められたり、髪を引っ張られたりするなんて…


AVを観たことがなかった私は、そのような行為を好み、刺激的で興奮すると捉える人たちがいることを知りませんでした。突然の出来事に驚いた私は、怖くて体が固まってしまい、何も言えず、我慢して耐えてしまいました。


セックスは愛を伝え合うロマンチックなものですが、正しい知識が乏しかったり、コミュニケーションがうまくいかなかったりすると、相手を傷つける凶器にもなりえます。


近年インターネットで様々な情報にアクセスしやすくなったことや、ポルノサイトの普及などが要因となり、BDSMと「ラフセックス」が珍しくなくなってきています。


BDSMとは¹

Bondage(性的興奮を得るための拘束行為:道具を使って体を縛りつけること)

Discipline or Domination(規律または支配)

Sadism or Submission(相手に苦痛を与えることで得る性的快楽)

Masochism(苦痛を受けることで得る性的快楽)

の略語であり、パートナーが別のパートナーをコントロールしたり、気分を高揚させるために痛みを与えたり受けたりする性行為のことを指します。


「ラフセックス (rough sex)」とはインターネット上に出回っている用語で、主に「首を締めるなどして窒息させる」「髪を引っ張る」「お尻をたたく」などの激しく乱暴な行為のことを指します²。


セックスの情報に関して、オープンに詳しく話すことに抵抗がある人は多いと思います。そのためインターネット上の情報やAVなどを参考にすることもあるかもしれません。しかし、注意が必要です。


みんながそのような行為をする、されることが好きとは限りません。そして何よりも、それらの行為は「危険」を伴うのです。


特に、セックス中の「窒息」は非常に危険です。酸素不足による脳への悪影響、死に至るケースも実際に起こっています³。事故が起こってから「相手が求めていたことだから」などと訴えても、言い訳になりません。


そして身体的なダメージだけでなく、精神的なダメージも忘れてはいけません。虐待を受けていた過去がある人は、フラッシュバック(強いトラウマ体験が鮮明に思い出されること)を引き起こす可能性もありますし、過去にそのような経験がない人もほとんどが突然首を絞められたら恐怖を覚えます。


安全な方法のガイドなどもインターネットには出回っているかもしれませんが、「窒息」に関しては「完全な安全」などありません。


セックスに関する行為は興味本位で行うのではなく、安全な方法を調べることに加え、その行為の程度をコントロールすることが大事です。そして何より、相手の同意を適切に得ることが最も大切です。


ただ、「性的同意」に関してみると、ことはなかなか複雑ではないでしょうか。行為が始まってからでは気持ちを抑えることが難しく、相手を尊重して気持ちを読み取ることもままならない場合があります。


もし、ある行為をしたい、もしくはされたい場合は「事前に」相手に聞いておきましょう。「どのような行為」がいいのか、あるいはだめなのか、もし無理な場合には、行為を途中で止めるための「合図」を決めておくなど、詳しく話し合いましょう。行為中だと相手の顔色を伺い、「NO」と言いにくい場合があるからです。


「相手を満足させないと」

よりも

「自分が何を望んでいるのか」


相手の顔色を伺って結局流れで受け入れてしまい、その結果、自分を傷つけることになってしまうのでは…

と少しでも感じたら、自分の声を聞いて、それに答えてあげてください。相手がなんと言おうと、もし自分が望んでいないのであればいつでも「無理」「嫌だ」と言って良いのです。それで相手が怒ったり不機嫌になったりするのであれば、その人はあなたにとってふさわしくないのかもしれません。難しいかもしれませんが、自分を大切にするために誰かを手放すことは時にはとても重要です。苦しみ続ける必要はないのです。


パートナーが聞く耳を持たない場合は、何も言わずその場から逃げても良いのです⁴。


時には恐怖で体が硬直して、困難なこともあると思います。その時に自身を守れなかった場合でも自分を責めないであげてください。あなたは十分に戦いました。ただし、とても難しい状況だったのです。あなたのせいではありません。


もしトラウマになってしまった場合は、心理士やカウンセラーの専門家に相談しましょう。どうしたらいいかわからない場合、日本にお住まいの方は、性犯罪被害相談電話全国共通番号#8103(ハートさん)に電話してみましょう。発信された地域を管轄する各都道府県警察の性犯罪被害相談電話窓口につながります⁵。または性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センターに連絡しましょう⁶。


アメリカ合衆国には、The Rape, Abuse & Incest National Network (RAINN) の24時間対応の性的暴行ホットライン800-656-HOPE (4673)があります⁷。その他にもホットライン(チャット機能も)があります⁸。


リスクとコミュニケーションの方法を踏まえてからこそ、「セックス」を通して「愛」を伝えることができるのです。



参照:

  1. Definition of BDSM from the Cambridge Advanced Learner's Dictionary & Thesaurus Cambridge University Press

  2. Herbenick D, Fu TC, Valdivia DS, Patterson C, Gonzalez YR, Guerra-Reyes L, Eastman-Mueller H, Beckmeyer J, Rosenberg M. What Is Rough Sex, Who Does It, and Who Likes It? Findings from a Probability Sample of U.S. Undergraduate Students. Arch Sex Behav.

  3. Cocoran, L. 2022. Women Are Finding Themselves Being Strangled During Sex — The Consequences Can Be Deadly. ELLE Australia. https://www.elle.com.au/culture/sexual-choking-strangulation-dangers-26953

  4. Hirai, R. Oashi, M. 2021.『尊重されるべき意思がある 。知っておきたい、「性的同意」のこと PART 2』. SPUR. https://spur.hpplus.jp/sdgs/watashitsuzukeru/2021-10-22-QyaZFGA/

  5. 警察庁, 警察の犯罪被害者等施策, 各都道府県警察の性犯罪被害相談電話につながる全国共通番号「♯8103(ハートさん)」https://www.npa.go.jp/higaisya/seihanzai/seihanzai.html

  6. 内閣府. 2022.『行政が関与する性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター(一覧)』. https://www.gender.go.jp/policy/no_violence/seibouryoku/consult.html

  7. Rape, Abuse & Incest National Network. National Sexual Assault Hotline: Confidential 24/7 Support. https://www.rainn.org/resources

  8. Legg, T.J. Holland, K. 2019. Sexual Assault Resource Guide. https://www.healthline.com/health/sexual-assault-resource-guide#online-forums-and-support




編集 Emiru Okada, Maya P. Kubota

グラフィック Claudia MacPhail

Commentaires


bottom of page