top of page
  • Miyabi

伝わっていない, 聞いていないを減らすために1:心理学専攻が教えるコツ

あなたがこの記事を読もうとしてくれたのは、過去に「それ言ってくれればよかったのに!」「なんで伝わってなかったのかな?」と、もやもやした経験があるからでしょうか?

そんなあなたにまず、「それでもなんとか頑張ってきてえらい!」と私は伝えたいです。(だって本当にえらいから。)


人と関わりながら暮らしていく中で、やっぱりコミュニケーションはとても大事です。

時には伝わらなくてイライラしたり、相手の考えていることが分からずに焦ったりする。そんなあなたが少しでもストレスを減らせるように、いくつかの方法を二つの記事に分けて提案します。


まず今回は、「自分の気持ちを伝える方法」を種類分けしてご紹介。

(ここに紹介してあるのは、たくさんの方法の中のごく一部。これが全部合わなくても、大丈夫。ぜひ色々試して、あなたに合う方法を探してみてください。)



文章化するのが得意なあなた:


まず伝える前に

  • 気持ちを紙やiPadに書いて整理してみる

  • 箇条書きで感じていることを書いてみる

その時自分に聞きたいこと

  • 自分は何を伝えたいんだろう?

  • 感じているのはどんな感情だろう?

伝える方法

  • 紙に書いて気持ちを伝える

  • メールやLINEで気持ちを伝える

その時自分に聞きたいこと

  • 自分の文章を効率良く、分かりやすく伝える方法はなんだろう?

  • 自分が一番疲れない、楽な方法はなんだろう?



言語化するのが得意なあなた:


まず伝える前に

  • 自分の思いを録音して聞き返してみる

  • キーボードの音声機能を使って話した言葉を文章化する

その時自分に聞きたいこと

  • どんな口調で話しているかな?

  • 自分が伝えたいことが聞いてて伝わってくるかな?

伝える方法

  • ビデオ電話をする

  • 相手と直接会う機会を作る

  • ボイスメッセージをメールやLINEなどで送る

その時自分に聞きたいこと

  • 自分は話す方が楽なのかな?

  • 声だけではなくて、顔も同時に見える方がいいのかな?



そもそも何を言ったらいいか分からないあなた:


伝える方法

  • 「分からなかった」ら「分からなかった」と素直に伝える

  • 何もいうことがなくても、それを伝える

  • 考えている場合は「今少し考えを整理しているんだ。少し時間をくれるかな」と伝える

  • 考えがまとまっていない時は「今〇〇と△△を感じているのだけれど、もう少し考えをまとめたいから、少し待ってくれる?」と自分の脳内を現状報告する!

その時自分に聞きたいこと

  • 自分が思っていることを伝えるのが申し訳ないのかな?

  • でも伝えていないことを相手は汲み取ってくれるだろうか?



今回は「自分の気持ちを伝える」方法をメインにご紹介しました。

次回は「相手の気持ちを理解する」方法を紹介します。


「言葉に出さずに汲み取れ」という日本の風潮もあるかもしれませんが、コミュニケーションが取れなかったばかりにうまくいかないのは勿体無い!!


伝わっていない、聞いていないことによるストレスを少しでもなくせたら、もっとスムーズに人と接せる可能性もあると感じます。


最初から全部できる人なんていない。

ですから「何が原因でうまくいかなかったのかな?」と分析し、「次はこうすればいいのか!」と閃くことも大きな一歩、いや数歩だと私は思います。


さあ、長い文章をここまで読んでくれたそこのあなた!

自分の好きなスイーツや飲み物とともに、休憩をとってくださいな。




編集 Emiru Okada

グラフィック Emily Mogami

コメント


bottom of page