top of page
  • Kokoha

クリエイティビティに安らぎを


私は、自分自身をクリエイティブだと考えています。私の魂と脳は活気に溢れていてユニークです。普段は忙しくて色々な考えで頭の中がごちゃごちゃしていますが、その雑然とした合間に、私は自分のクリエイティビティを見つけます。それは輝いてキラキラしているビジョンです。厚い雲の切れ間からのぞく虹のようにイメージします。その虹はカラフルで輝きがあり、その前に降ったすべての雨が作り上げました。私のクリエイティビティは、虹を求めて立ち止まり曇り空を見上げるような、特定の人だけが理解できるものです。 しかし、私は自分のクリエイティビティを最もよく知っています。私は虹の端に立って、その色のビームを生み出しているからです。


私は自分の魂を表現するために書きます。キーボードでタイピングしたり鉛筆で乱雑に走り書きしたりすると、私の言葉が表面化し、なんだか気持ちの良い文章になります。これは私の疲れた脳の重荷を真に取り除くように感じる、私にとって唯一の表現方法です。私はリラックスしていて傷つきやすく、そして平和に感じています。


しかし、最近は書いていると、クリエイティブであることへの圧倒的なプレッシャーに気づきます。私の言葉があらゆる方向に流れ、私の文章が非常に複雑で深みのあるものにするために。それは、これまで誰も書いたことがないように書くということです。面白いことに、これらの文章は私だけが読むことができます。私が書いたその文章はノートアプリ画面の外の世界を見ることはなく、私の古いしわくちゃなページの日記から逃れることもありません。ばかばかしく感じます。まるで水曜日の深夜2時に書いた言葉を、未来の自分が実際に戻って読んで判断するかのようで。それでもプレッシャーはあります。クリエイティブでいなければというプレッシャー。それはすべての言葉と文章で、私についてきます。


シャワーを浴びている時も、電車に乗っている時も、キッチンで人参を刻んでいる時も、アイデアや考えで頭がいっぱいです。私の心が、私は熱心に鉛筆を手に取ります。そしてそこは空白になります。何を書けばいいのかわからないからではなく、どのように書くかについてクリエイティブである必要があるからです。 数分が経過し、何時間も経ち、自分のクリエイティビティに打ちのめされた気分になります。カラフルで鮮やかな私の想像力が、どうして私を退屈で灰色にしてしまうのか、私には理解できません。


だから私は空を見上げたり、虹の端から離れることをやめることにしました。代わりに、曇り空を全力で駆け抜けます。文章がごちゃごちゃしていても、言葉がごちゃごちゃしていても構いません。私が気にかけているのは、私の考えが情熱的で生々しく文章に書き起こされていることだけです。そして私は、穏やかな気持ちになります。


クリエイティブになろうとすることから一息ついても大丈夫です。急ぐ必要はありません。雨雲を抱きしめたすぐあと、あなたの虹は必ずまた現れます。




翻訳 Rio Ishida

編集 Emiru Okada

グラフィック Satomi Shikano

Comentarios


bottom of page