• Miyabi

親愛なるソサエティーへ




親愛なるソサエティーへ


あなたは生きる理由をくれるけれど、あなたは私が絶望していて、憂鬱でしんどくて、悲しくて胸がムカムカする理由でもあるの。


あなたの人々はとても美しくて、素敵で、綺麗で、思いやりがあって、優しくて、私を奮い立たせてくれる。


でもあなたの人々は卑劣で、自分の事しか眼中になくて、不快で、醜くて、周りに目を向けようとしなくて、意地悪。


親愛なるソサエティー、


私をあなたの中で生かしてくれるから、好きよ。

でも私をあなたの中で生かすから、あなたが嫌い。


あなたって本当に混沌としてて、めちゃくちゃで、汚くてうるさいけれど、整頓されていて静かでもあるわね。


いつも驚かされる。


あなたは私を物凄くハッピーにしてくれるけれど、次の瞬間に考えもしなかった形でがっかりさせる。


どうしてよ。


もしあなたが私に暗闇だけを与えたなら、私は胸を張ってあなたが心の底から大嫌いだと言えたのに、美しいものが詰まった小さな雫たちを私にくれてしまう。


なんでそんな事するの?


あなたは私を私として仲間に入れてくれはするけれど、ありのままの私を受け入れてくれはしないよね。


私を笑顔にして安心させてくれて、苦しめて独りぼっちにする。


あなたは私が自分を永遠の暗闇に放り投げたい理由でもあるし、生かしてくれているモノでもあるね。


精神的にも身体的にも疲れ果てちゃったよ、ソサエティー。 


大嫌い、本当に大嫌い、だけど愛してる。 あなた、私に沢山謝らなきゃいけない事があるけれど、感謝もしてる。


幾つもの、一生忘れはしない素敵な経験をさせてくれてありがとう。


私をたくさん泣かせるけれど、あなたの腕の中で泣かせてくれてありがとう。


自分を本当に嫌わせつつ、自分を誇りに思わせてくれてありがとう。


自分を見失って混乱させるけれど、あなたの中でより良い自分を見つけさせてくれてありがとう。


親愛なるソサエティーへ、

本当に大嫌いだけど、あなたのこと決して完全には嫌う事は出来ないや。

あなたの中で、あなたと共に生きる事にするわ、

あなたが私を生かせてくれるまで。


たくさんの愛を込めて、雅





編集 Emiru Okada

グラフィック Meg NH

Join our mailing list!

Blossom the Media ©